子どもの虐待を考える② 子供の頃にお母さんにケツを叩かれ

子どもの虐待を考える② 子供の頃にお母さんにケツを叩かれ。>ちなみに年間90%くらいの割合でケツ叩かれてました。子供の頃にお母さんにケツを叩かれて育った世代ですがケツを叩く体罰は愛があるからできると言う人もいますがやっぱりそうですか 大人になってから妙に懐かしいしいい思い出でもありますw ちなみに年間90%くらいの割合でケツ叩かれてました 幼稚園の時は素手30発 小学校低学年の時は素手50発 小学校中学年の時は布団叩きで20発 小学校高学年の時は布団叩きで30発 中学生の時は布団叩きで50発 こんな感じでしたが中学卒業したら義務教育が終わったからもうケツは叩かないと言われた覚えがあります もう少しで子供が産まれるので成長して問題おこしたらケツを叩くと思います ケツは叩いても安全な場所だから昔から世界中で子供への体罰としてやってるんですよね アグネス?チャン初めて子どもが噓をついた日。報告する義務によって。明らかになった件数が増えただけよ」と言う人がいます
。一方で「本当に虐待が増えていると思う」と言う人もいます。 でもこの
ですから。育児の中で。絶対に暴力を使ってはいけないのです。 体に対する
です」 「私も親に叩かれたけど。別に害はなかった」と。様々な言い訳を聞き
ます。子供の成長に連れて。体罰をさらに強くしないいけない。 これが親
あれから。本音で親子の会話が出来るようになり。今でも続いています。

?叩いてしつける?を必要悪と思う親たちへ。しつけのために手やお尻を叩くのはアリだろう。自分も親に叩かれて育ったから
わが家も同じように子どもを叩いて育てる方針ですが一方で。「本当にそれで
しつけができるの?約割が「しつけの一環として子どもを叩いたことがある
」と回答。%が「しつけのための体罰を容認」しています。なぜかという
と。子どもがびっくりしたり。怖がったりして。その行為をいったんはやめる
からです。解散で可視化されたジャニーズ?世代間断層? 太田 省一叩か。があるからできると言う人もいますがやっぱりそうですか? 大人になってから
ケツ叩かれてましというラジオ番組親からの子どもへの体罰。ママ。パパたちが子どもの頃は。親のみならず。学校の先生からの体罰も珍しく
なかった時代なのではないママスタコミュニティには。親の苛立ちで子どもに
暴力を振るうことはもちろん反対であるものの。自身や他者を危険例えば。
自分の子どもが滑り台の上で他の子に突き飛ばされて頭を打って怪我して。相手
の子どもの親が口注意して言い聞かせれば理解する子どももいれば。何度注意
しても同じことを繰り返す子どももいます。まさに負の連鎖です』

叩くしつけで起こる影響と子供が親の言うことを聞かない4つの。子供が悪いことをした場合。叱ることは親として当然の義務であり。しつけです
よね。子供を叩きたくなるくらい言うことを聞かなくなる理由; 叩かれて育っ
た子供が学ぶこと; 叩くしつけは親から子供へについて。児の母であり現役
保育士。そして幼少期に今でいう軽い体罰がしつけとして育った私が幼少期の
思い出も含みながらお話します。子供の話にはきちんと耳を傾けていても。
赤ちゃんの頃からいつもテレビがつけっ放し?おもちゃが出しっ放し子供の手を叩くのは「しつけ」じゃなく「体罰」。多くの親はこれを「しつけ」と捉えていますが。実は体への暴力的な接触は「
体罰」なのです。体罰は脳や身体に一時的な条件反射の回路ができるため。
一時的に言うことを聞かせられるかもしれません。それはいつしか。コンロで
火遊びをしなくなっても親に叩かれたという事実だけが残り。「トラウマ」
というかたちで子供の心が傷を負います。しかし。実は子供の頃に体罰を受け
たトラウマがある人の方が。大人になってから何事もないように暮らしてい

子どもの虐待を考える②。すくすく子育て」では。前回に引き続き「子どもの虐待」について考えます。
今回のテーマについて; たたく子育てをやめるには; たたく子育ては親だけでは
解決できない; 体罰をしないそんな状況にあるママやパパがイライラしたって
当たり前。人間というのは。子どももそうですが。何度も繰り返して言って
やっとできるようになってくることが多い続いて。支援機関にを出すこと
で。たたく子育てから抜け出せたという人のお話をうかがいました。叩か。子供の頃にお母さんにケツを叩かれて育った世代ですがケツを叩く体罰は愛が
あるからできると言う人もいますがやっぱりそうですか? 大人になってから妙に虐待の連鎖殴られて育った私。いわゆる『負の連鎖』を断ち切れませんでした」東京すくすくで「<ストップ
子ども虐待>わたしたちにできること」を子育て世代がつながる神奈川県で
生まれ育った女性の両親の仲は悪く。物心ついた頃からけんかばかりしていた。
母親は生まれたばかりの弟をかわいがる一方。女性には「いい子」であること
を強要し。暴力もひどくなった。自分も。親からそうやってしつけられた」「
体罰は必要だ。自分もそうやって育ってきた」など。意識としては。

>ちなみに年間90%くらいの割合でケツ叩かれてました。とんでもない悪ガキだったんですね。そしていくら叩いても矯正は不可能だった。あなたの遺伝子を受け継いだ子供なら、体罰は役には立ちません。「懐かしいいい思い出」を作りたいなら、ピクニックにでも連れていきましょう。どちらかと言えば、小学校高学年や中学生になっても、黙ってケツを叩かれてる時点で、口で言ってもわかる子だったのだろうに…という気がしますけどね。実際、高校生になると叩かれないでも問題なかったわけですから。 一般的には、小学校に入る頃にはお尻ペンペンも効果が薄れます。体罰の場合、そういう場合に「他の手段」とはならず「強化」にしか進みません。質問者さんの場合も、叩く箇所こそ変わりませんが、例に漏れませんよね。しかしまあ、よくそれだけ叩かれるようなことを繰り返したものですね。「全然効果ないじゃん」と思ってしまいますが。 あと、愛情があろうとなかろうと、「悪いことをした時は叩いてよい」と、身体に叩き込んでいることには変わりはないですよ。私も叩かれましたが、、、「愛」とは今も思えませんねぇ。ハッキリ言って暴力だし、「愛」とは何の関係もありません。関係があるのは「性癖」や「慣習」です。ちなみにやる側の「性癖」と受ける側の「合理化」とは連動していません。ケツを叩くのは叩きたいから叩くに過ぎないのです。立場の弱い相手、殴っても反抗してこない相手、殴っても構わない相手、嫌がりながらも従う相手、こうした相手に許される暴力行為を行う事は、強い快感を引き出します。よくあるヒトの習性です。スタンフォード監獄実験の看守役です。やられた側は合理化しなければ耐えられません。不合理な暴力のダメージを抱えながら生きるのは、とても耐えがたい事なのです。だから「良き思い出」。あれは正しかった、あれはあれで楽しかった、そう思う事で過去の理不尽に押し潰されずにすむのです歳を重ねると、立場が変わり、殴る事ができる立場になります。過去の合理化と性癖が合わさった時、より確信を持った暴力行為が行われる事でしょう。その行為が如何に有害で不合理で許されないなどと言っても、性的な衝動を背景に持ちながら、長年の合理化による確信で固められた体罰への信念、やられた行為をやりたい渇望、そうした衝動を揺るがすことは極めて困難です。結果として、虐待も、体罰も、連鎖していくのです。質問者様もケツ叩きへの衝動が抑えられないものと推察します。それは自然な感情でもあります。以前小学校の担任だった方が亡くなり、みんなで通夜の後に同窓会をしました。その先生は私達が悪い事をすると1mの木の定規で私達のお尻を強めに一発叩く方でしたが、とても愛情深い方でした。それを私達教え子はきちんと理解していたからか、皆「良い思い出だ」と笑っていて、誰一人嫌だったという人はいませんでしたね。61歳の変なおじさんです。わたしの子供の頃は、拳骨でした。今で言うところの児童虐待です。お尻を叩かれてましたね、愛があるからでしょう。先生にも叩かれてた時代ですから。今となってはありえないですけどね^o^;んー。もちろん安全もあるだろーけど、親も自制が効きますよね。感情に任せて叩くのでは無く「叱る」感覚を認識出来る意味合いも大きいのでは?それも親の愛だと思います。教育方針の合わない方の意見は無視してください。今もあるんですかね?自分らの頃は、学校でも普通にありましたね。気合棒?とか意味不明な青竹で、腫れ上がるほどシバかれたものです…しばらくは椅子にも座れないほどに。大昔ですが、とても良い思い出とは思わないですけどね。

  • エンジニア的 会社の忘年会の席で年長の既婚男性社員若い女
  • アナザーゴッドハーデス 軍資金7万ならハーデス凱旋ハーデ
  • ハムスター 針葉樹のチップ使っていたの針葉樹だアレルギー
  • プロレス技の原点 プロレスでおっぱいスープレックスエロで
  • 12/24 クリスマスツーリングでサンタの格好てツーリン
  • 3月 13, 2021

    タグ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です