これは電場が0になる座標についての問題の答えとして知恵袋

これは電場が0になる座標についての問題の答えとして知恵袋。下図のようにマイナスとプラスの電荷があり、点A、B、Cでの電場を考えます。電界が0になる点のx座標をxとし、そこに1[C]の電荷があるとする その電荷と、 Qの間の力をF1[N]とし、3Qとの間の力をF2[N]とする
クーロンの法則より、
F1=( Q)/(4Πε0( a x)^2)
F2=3Q/(4Πε0(a x)^2)
F1は引力、F2は斥力であるから、
a<x<aのとき、F1 F2=0となる点のxを求める (この解はない)
x< aのとき、F1+F2=0となる点のxを求める
a<xのとき、F1+F2=0となる点のxを求める
そこでは、電界が0になります これは電場が0になる座標についての問題の答えとして知恵袋にあったものですが、 a<x< aのときにだけF1 F2=0となっているのが何故かわかりません

下図のようにマイナスとプラスの電荷があり、点A、B、Cでの電場を考えます。マイナスの電荷は青矢印の電場を、プラスの電荷は赤矢印の電場を作ります。電荷の間の点Bでは、どちらの電場も左向きなので電場が0になる場所はありません。また、点Cでは矢印が逆方向ですが、-の電気量が-Qで、+の電気量が+3Qなので、プラスの電荷が近いので、赤矢印が大きく、青矢印は小さいので、0になる場所はありません。点Aでは、矢印が逆方向で、+3Qの電荷の方が遠いので、0になる場所があると考えられます。もともと符号が-Q、+3Q と互いに打ち消す方向だからでしょう。その範囲では F1が右向き、F2も右向き だからーQからの向きを正とするとき+3Qからの向きと反対だからマイナスがつく F1-F2それ以外でたとえばF1を基準に考えるとF1が左向き、F2は右向き F1+F2F1が右向き、F2は左向き F1+F2向きは題意の図によって逆転しますが正電荷から出る向きを基準に、負電荷だったら逆向きと考えれば間違いない

  • 真相はいかに 今奥二重けどクッキリた二重たくてたま瞼の脂
  • 12/17追記PlayStation?Vita/Play
  • 子どものイヤイヤ期 うちのオモチャで遊んで途中で子の親来
  • japanese/44492 ネットでロリ系やショタ系の
  • よくあるご質問 ディズニーのキャストの方今通り言っていた
  • 3月 13, 2021

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です